--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実。

2006年07月11日 14:41

最近はまたずっと地下に閉じこもってます。
やることが終われば、じっとして、
脱力感にかられ、
ぼろぼろの椅子で
ひたすら時間を潰します。

晴れたり病んだり。

錠剤にはDも入っていて、
吸収率も高く、落ち着きます。
太陽に浴びなくても大丈夫です。

一流の漁師も
錠剤好きです。

漁か。
漁ですね。
狩じゃない。
深海魚
彼は暗闇の中から太陽を望み
叶わぬ
昼上がりを過します。

気ままな魚です。

この海からでれば
自由がなくなり
太陽をあびて、
血液と生い立ちと
癪に障る歯並びを治す

欲しいものなんかなく
やりたいこともなく
野心もなく
圧力も束縛も
なんもない、

アドさえあがらない。

あの頃に帰りたいと思う
スーツをきたおじさんが
花火を楽しむ大学生たちに叫ぶ。

あぶないだろ!

おじさんの
イライラを
吸い込む煙草は
足元で消され
おいてきぼり。

わたしは大丈夫です。






スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。